妊娠・出産迄に眼鏡やコンタクトが不要になったら楽だろうと思いませんか?

当サイトは妊娠希望、その前にレーシック手術を受けようと考えている方のためのサイトです!


1993年設立は信頼の証 設備・技術・安心の錦糸眼科

妊娠中にレーシック手術は受けられる?

妊娠中は、ホルモンバランスが崩れ視力が変動するため回復視力も不安定になってしまいます。

術後一週間は胎児に影響を及ぼす可能性もある点眼薬や炎症防止の内服薬が処方されるため、妊娠の可能性がある方や妊娠中、授乳中の方への手術は行えません。

そういった事からレーシック治療後から妊娠までは最低 1週間は空けるように医師からも指示されます。

産まれて来る赤ちゃんの顔を裸眼で見たいという方は、妊娠前から授乳終了まではレーシック手術を受ける事ができませんので、子作り予定のある方は早めの手術をおすすめします。

出産後や育児中にレーシックの効果を発揮

視力回復手術(レーシック)を受けて良かったと思うのは出産時のみでなく育児中にも実感できます。

ただでさえ育児にストレスはつきものですが、その上、眼から来る眼精疲労、肩こりに悩まされてはたまったものじゃありません。

レーシックを受けると窓から見える景色、輪郭がはっきり見えた月など今までの世界がガラッと変わりますが、何よりも忙しい育児期間にメガネをかけたりはずしたり、コンタクトのメンテ、購入の為の通院からも解放されるというのが良いですね。

レーシックの手術費用は決して安くはないので、子供にお金がかかる前に受けておいた方が、後々受けたくても受けれないなんて事になりません。

妊娠前のレーシック手術!5つのメリット!!

出産時、分娩室ではメガネもコンタクトもNG!生まれて来る子供の顔が裸眼でクッキリ見える

出産後、頻繁に起きる夜中の授乳でわざわざメガネかけたりしなくて良い

注意が必要な子供とのお風呂でコンタクトをつけずに入浴できる

子供にメガネを汚されたり、走り回ってメガネを壊される心配もありません

コンタクト、メガネを買う必要が無くなり経済的な負担が減る

本当に便利になるレーシック!自宅の近くに以下の大手レーシック眼科があれば無料のカウンセリングや適応検査を受けてみましょう。

1位 錦糸眼科
手術費用 8万円〜 クリニック所在地 札幌   中目黒
新大阪
名古屋 天神
レーシック・レーゼック(ラセック)・イントラレーシックを日本で最初に行った、近視・遠視・乱視・老眼治療のパイオニア最高クラスの機種を使用。術後結果を左右する照射面が断然綺麗です。レーシック術後もしっかりサポートく安心無料アフターサポート設備の性能で選ぶなら錦糸眼科。
錦糸眼科はこちら>>
2位 SBC新宿近視クリニック
手術費用 8万円〜 クリニック所在地 新宿
安心の生涯保証制度と検査・手術が同日に受けられる「日帰り治療」人気となっています。低料金で追加料金なしですが、徹底した感染症対策が施されているクリニックです。定期的に行われるレーシック説明会はいつも定員オーバーですぐに募集が締め切られるほど人気です。
SBC新宿近視クリニックはこちら>>
3位 東京近視クリニック
手術費用 8万円〜 クリニック所在地 東京(新宿・銀座)
大阪(梅田)
東京近視クリニックでは、少数ながらも、適応検査から治療、特にカウンセリングやアフターケアの充実をモットーとしています。年齢やライフスタイルを考慮し、最善の治療を提案してくれます。18歳以上の学生の方や自衛官、消防士、警察官の方は応援割引が適用されます。
東京近視クリニックの詳細はこちら>>
4位 品川近視クリニック
手術費用 8万円〜 クリニック所在地 札幌   大阪
名古屋 福岡
品川近視クリニックは症例数世界一受賞!アベリーノDNA検査も実施し術前から術後まで安心です。長期保証制度により最大15年保障してくれるのもさらに安心できます。様々な施術方法があり、症例数1位の実績により自分にとって最適な施術を選択できます。
品川近視クリニックはこちら>>
5位 神戸神奈川アイクリニック
手術費用 8万円〜 クリニック所在地 新宿   大阪
名古屋 神戸
神戸神奈川アイクリニック は品川近視クリニックに次ぐ症例数の多さで各主要都市に医院があります。スタッフの多くが神奈川クリニック眼科で実際にレーシックを経験しているのでリアルな情報が聞けて安心です。日帰りレーシックは忙しい方、託児所サービスで女性の方の利用も多くなっています。
神戸神奈川アイクリニック の詳細はこちら>>